ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018
ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018
ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018

ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018

販売元
エッセンシア(ESSENCIA)
通常価格
¥2,640
販売価格
¥2,640
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込価格です。 配送料は購入手続き時に計算されます。

お酒は20歳になってから
ブダイ・ソーヴィニョン・ブラン 2018

【原産地呼称】PDOエチェク・ブダ
【ぶどう品種】ソーヴィニョン・ブラン100
【ワイン】やや緑がかったレモン色。生き生きとした花とフルーツの香りはレモン、青リンゴ、ニワトコやハーブを彷彿とさせます。キレのある酸味と豊かな果実味が心地よい辛口。

辛口 ライトボディ
適温:1012
容量:750
アルコール度数:12.5

残糖度:1.7g/ℓ
酸度:
6.0/ℓ

【合わせるお料理】七草がゆ、アスパラガスのオーブン焼き、野菜のグリル、ヤギのチーズ
【土壌】石灰岩 黄土
【樹齢】13
【栽培・収穫】最大6トン/㌶ 2018910日~20日に収穫 幅広いアロマを生み出す為、早摘み、中間積み、遅積みとわけて収穫【醸造】厳選培養酵母 ステンレスタンクで低温発酵後、23カ月熟成。
【瓶詰】201812
【ヴィンテージ】暑い年だった為、通常よりも早く収穫を始めた。完熟したブドウが素晴らしいアロマを作り出したが、少し控えめな香りとなりアルコール度数がわずかに上がった。


【ニャカシュ・ワイナリー】

エチェク・ブダ地方は、ハンガリーで一番新しいワイン産地ながら、別名「ブダのブドウ園」と呼ばれるワインの銘醸地です。都市からわずか25㎞離れた場所にあるエチェクは1990年に、ブダは1998年にワイン産地に認定されました。
風が強く、ハンガリー国内平均気温より低く冷涼な気候です。シャルドネ、オラスリズリング、リースリング、ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・グリ、グリューナー・フェルトリーナーの質の高い白ワインが産出されています。気候、ブドウともにスパークリングワインに大変適しており、ヨーゼフ・トゥルレイ氏がこの地で高品質のスパークリングワインを作ったことから、「ハンガリーのシャンパーニュ地方」と呼ばれるようになりました。
ニャカシュ・ワイナリーはエチェク・ブダ地のニャカシュ丘の麓にある小さな村落に位置します。1991年からブドウ栽培を始め、圧搾機や貯蔵庫を備えた後1997年にワイン製造を開始しました。プロフェッショナルなワイン作りの普及に貢献し、還元的ワイン醸造の研究を重ねました。
2012年にニャカッシュ・ワイナリーは「ハンガリアン・ブランド・アワード」を受賞。ワインが様々なコンペで受賞するなど高く評価を受けています。
ニャカシュ・ワイナリーは、還元的ワイン醸造の研究を重ね、土壌を生かしたフレッシュでリッチな味わいのワインを年間130万本生産・10万本輸出しています。2012年にワイナリーが「ハンガリアン・ブランド・アワード」を受賞。様々なコンペで受賞するなど高く評価を受けています。環境に配慮した生産を重要視しており、2004年から90ヘクタールの土地をもってブドウ栽培計画を管理する農業環境経営に参加し、3ヘクタールの土地で試験的にオーガニック栽培を導入しています。

【醸造家】
主任醸造家は、3人の息子の母でもあるプーラ・ベアータさんです。彼女は若い頃より食品飲料に関心を持ち、中等学校では食品産業とワイン製造を専門に学び、大学では発酵学を専攻し、食品機械の主任技術者、技術者指導員として卒業しました。2000年よりニャカシュ・ワイナリーで主任醸造家として働き始めました。仕事の傍ら、2002年に博士号を取得。最近では蒸留学の修士号を取得しました。


【ワイン栓】スクリューキャップ
【瓶詰場所】ニャカシュ・ワイナリー自社瓶詰
【輸入】リーファーコンテナ使用
【保管】定温倉庫 温度:15℃ 湿度:70